研究紹介

お問い合わせ

所在地

鳥取大学 鳥取キャンパス
〒680-8550 鳥取市湖山町南4丁目101番地
PHONE:
FAX: 0857-31-0879 (学科共通)

論文

  1. 福田 尚悟, 森田 一成, 西山 正志, 岩井 儀雄, 準同型暗号を用いた人物対応付けのための画像選択による通信量の削減, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J103-D, No.10, pp. , October 2020. 
  2. 阪本 光翼, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, ブラインドγ値推定と複数明るさ可変背景を用いた屋外物体検出, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J103-D, No.10, pp. , October 2020. 
  3. 神谷 卓也, 山口 優太, 西山 正志, 岩井 儀雄, 天井カメラを用いて観測された身体動揺における自己遮蔽の影響を考慮した人物対応付け, 電気学会論文誌C, vol. 140, no. 6, pp. , June 2020.
  4. 宮内 翼, 西山 正志, 岩井 儀雄, 実写アバタ映像における動き表現を用いた対象者の指定, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 22, No. 2, pp. 77-88, May 2020.
  5. 神原 隆宏, 西山 正志, 岩井 儀雄, 対話型プレゼンテーションにおける非参与者から参与者への状態遷移推定, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol. 22, No. 1, pp. 13-24, February 2020. (DOI:110.11184/his.22.1_13
  1. 井上 路子, 西山 正志, 岩井 儀雄, プライバシーが保護された訓練画像に対する視線位置分布を用いた性別認識, 精密工学会誌, vol.85 , no.12, pp. 1094 - 1101, December 2019. (DOI:10.2493/jjspe.85.1094)
  2. 山口 紗也加, 西山 正志, 岩井 儀雄, 視線位置分布を用いた重み付きランダムフォレストによる性別認識, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J102-D, No.8, pp. 495 - 505, August 2019. (DOI:10.14923/transinfj.2018IUP0001)
  3. Takuya Kamitani, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Temporal and spatial analysis of local body sway movements for the identification of people, IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E102-D, No.1, pp. 165-174, Jan. 2019. (DOI:10.1587/transinf.2018EDP7182
  1. 上野 高貴, 西山 正志, 岩井 儀雄, 物体検出のための側面を用いた訓練サンプル生成による撮影枚数の削減, 精密工学会誌, vol. 84, no. 12, pp.1041 - 1049, Dec. 2018. (DOI:10.2493/jjspe.84.1041)
  2. Masashi Nishiyama, Riku Matsumoto, Hiroki Yoshimura, Yoshio Iwai,“Extracting Discriminative Features using Task-oriented Gaze Maps Measured from Observers for Personal Attribute Classification,” Pattern Recognition Letters (PRL), Vol. 112, pp. 241-248, Sep. 2018, (DOI:10.1016/j.patrec.2018.08.001)
  3. 井上 路子, 白岩 史, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 道案内インタフェースにおける実写アバタの手振り動作の効果検証, ヒューマンインタフェース学会論文誌, Vol.20, No.3, pp.343 - 352, Aug. 2018. (DOI:10.11184/his.20.3_343)
  1. T. Miyauchi, A. Ono, H. Yoshimura, M. Hishiyama, Y. Iwai, "Embedding the Awareness State and Response State in an Image-based Avatar to Start Natural User Interaction," IEICE Transactions on Info. & Sys., Vol. E-100D, No. 12, pp. 3045-3049, Dec., 2017. (DOI: 10.1587/transinf.2017EDL8113)
  2. 宮内翼,吉村宏紀,西山正志,岩井儀雄,身体動揺の計測による待ち状態の実写アバタ生成,電子情報通信学会論文誌D, Vol. J100-D, No. 3, pp. 365-375, March 2017. (DOI:10.14923/transinfj.2016PDP0013)
  3. 中野 翔太, 四元 辰平, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 菅原 一孔, 身体と外見の共起属性を用いた人物対応付け, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J100-D, No.1, pp. 104-114, January 2017. (DOI: 10.14923/transinfj.2016JDP7042)
  1. 西山 正志, 臼井 愛美, 岩井 儀雄, 大栗 聖由, 前垣 義弘,相関ヒストグラムを用いた小児急性脳症の判別, 電子情報通信学会論文誌 D, Vol.J99-D,No.12, pp. 1132-1141, December 2016. (DOI: 10.14923/transinfj.2016JDP7082)
  1. H. Yoshimura, M. Hori, T. Shimizu, Y. Iwai, "Appearance-Based Gaze Estimation for Digital Signage Considering Head Pose," International Journal of Machine Learning and Computing, Vol. 5, No. 6, pp. 507-511, Dec. 2015 (DOI:10.18178/ijmlc.2015.5.6.561)
  2. K. Yoshimizu, N. Takemura, Y. Iwai, K. Sato, "Multi-sensor-based Ambient Sensing System for the Estimation of Comfort/Discomfort to Lighting Condition During Desk Work," Journal of Information Processing, Vol. 23, No. 6, pp. 776-783, 2015 (DOI: 10.2197/ipsjjip.23.776)
  3. M. Hori, Y. Tsuruda, H. Yoshimura, Y. Iwai, “Expression transmission using exaggerated animation for Elfoid,” Front. Psychol. 6:1219, Aug. 2015. (DOI:10.3389/fpsyg.2015.01219)
  1. Alparslan Yildiz, Noriko Takemura, Maiya Hori, Yoshio Iwai, Kosuke Sato, “Tracking People with Active Cameras Using Variable Time-step Decisions,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol. E97-D No. 8, pp. 2124-2130, Aug. 2014. (DOI:10.1587/transinf.E97.D.2124)
  2. Alparslan Yildiz, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kosuke Sato, “Tracking People with Active Cameras via Bayesian Risk Formulation,” 電気学会論文誌C, Vol. 134, No. 6, pp.870-877, June 2014. (DOI:10.1541/ieejeiss.134.870)
  3. 北村謙典,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介 “不快な光環境に誘発される無意識的な表情の認識”,電気学会論文誌C, Vol. 134, No. 2, pp.218-224, Feb. 2014. (DOI:10.1541/ieejeiss.134.218)
  4. 原健太,堀磨伊也, 武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介 “実画像アバタを用いた対人インタラクションシステムの構築”,電気学会論文誌C, Vol. 134, No. 1, pp.102-111, Jan. 2014. (DOI:10.1541/ieejeiss.134.102)
  1. H. Yoshimura, T. Shimizu, M. Hori, Y. Iwa, S. Kishida, "EEG Signals Classification by Using an Ensemble TPUnit Neural Networks for the Diagnosis of Epilepsy," International Journal of Machine Learning and Computing, Vol. 2, No. 6, pp. 758-761, Dec. 2012. (DOI:10.7763/IJMLC.2012.V2.231)
  2. 松本裕樹,武村紀子,中村泰,岩井儀雄,石黒浩,"室内照明制御のための生体ゆらぎ理論を用いた遮蔽度推定",計測自動制御学会,Vol. 48, No.11, pp. 740-744, Nov. 2012(DOI:10.9746/sicetr.48.740
  3. 山本文香,堀磨伊也,岩井儀雄,石黒浩,“事例データに基づく移動物体の抽出”,電子情報通信学会論文誌D, Vol. J95-D, No. 8, pp. 1573-1584, Aug. 2012(DOI:)
  4. 原健太,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介 “爪画像と実物体認識を用いたテーブルトップインタ フェース”,電気学会論文誌C,Vol. 132, No. 8, pp.1-7, Aug. 2012. (DOI:10.1541/ieejeiss.132.1340)
  1. A. Yamamoto, Y. Iwai, H. Ishiguro, “Real-time Object Detection Using Adaptive Background Model and Margined Sign Correlation,” IEICE Trans. on Inf. & Sys., Vol. E94-D, No. 2, pp. 325-335, Feb. 2011. (DOI:10.1587/transinf.E94.D.325)
  1. 長原一,神吉良典,岩井儀雄,谷内田正彦 “高精細動画撮影のための複合センサカメラ”, 電気学会論文誌C,Vol. 130, No. 9, pp. 1561-1571, Sep. 2010. (DOI:10.1541/ieejeiss.130.1561 )
  2. 小野友也,岩井儀雄,石黒浩 “高周波数マーカとカーネル回帰による物体の姿勢推定”,電気学会論文誌C,Vol. 130, No. 9, pp. 1513-1523, Sep. 2010.(DOI:10.1541/ieejeiss.130.1513)
  3. 岩井儀雄,長原一,谷内田正彦 “多チャネル配信による全方位高精細動画像配信サーバの構築”,電気学会論文誌C,Vol. 130, No. 4, pp. 712-722, Apr. 2010. (DOI:10.1541/ieejeiss.130.712)
  4. 岩井儀雄,青木康洋,石黒浩 “行動素の混合分布に基づく行動認識と例外行動の検出”,電気学会論文誌C,Vol. 130, No. 4, pp. 546-556, Apr. 2010.(DOI:10.1541/ieejeiss.130.546)
  5. 内海ゆづ子,松本雄大,岩井儀雄 “分枝限定法を用いた顔認識の効率化”,情報処理学会論文誌,Vol. 51, No. 2, pp. 217-228, Feb 2010.

このページの先頭に戻る

国際会議

  1. Michiko Inoue, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, "Gender Classification using the Gaze Distributions of Observers on Privacy-Protected Training Images," Proc. 15th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISIGRAPP), Vol. 4, pp. 149-156, February 2020.
  2. Shogo Fukuda, Shintaro Nakatani, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Geo-localization using Ridgeline Features Extracted from 360-degree Images of Sand Dunes, Proc. 15th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISIGRAPP), Vol. 5, pp. 621-627February 2020.
  3. Takuya Kamitani, Yuta Yamaguchi, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Identifying People Using Body Sway in Case of Self-Occlusion, Proc. International Workshop on Frontiers of Computer Vision (FCV), OS1-4, pp. 1-13, February 2020.
  1. Kousuke Sakamoto, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama and Yoshio Iwai. “Improved gamma corrected layered adaptive background model," Proc 5th Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR),No. 152, pp. 1-12, Nov. 2019.
  2. Naoto Kato, Michiko Inoue, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Comparing the Recognition Accuracy of Humans and Deep Learning on a Simple Visual Inspection Task, Proc. 5th Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR),No. 142, pp. 1 - 14, November 2019.
  3. Kouki Ueno, Go Irie, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Weakly Supervised Triplet Learning of Canonical Plane Transformation for Joint Object Recognition and Pose Estimation, Proc. IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), pp. 2476 - 2480, September 2019.
  4. Tsubasa Miyauchi, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Directing a Target Person among Multiple Users using the Motion Effects of an Image-based Avatar, in Proceedings of 21st International Conference on Human-Computer Interaction (HCII), Vol. 11568, pp. 341-352, July 2019. (DOI:10.1007/978-3-030-22636-7_25
  5. Yuji Makimura, Aya Shiraiwa, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Visual Effects of Turning Point and Travel Direction for Outdoor Navigation using Head-Mounted Display, in Proceedings of 21st International Conference on Human-Computer Interaction (HCII), Vol. 11574, pp. 235-246, July 2019. (DOI:10.1007/978-3-030-21607-8_18
  6. Takahiro Kondo, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Masayoshi Oguri, Yoshihiro Maegaki, Band Correlation Histogram to Improve Classification of Acute Encephalopathy in Infants, Proceedings of IEEE 1st Global Conference on Life Sciences and Technologies (LifeTech), pp. 268 - 272, March 2019.
  7. Sayaka Yamaguchi, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Weighted Random Forest using Gaze Distributions Measured from Observers for Gender Classification, Proceedings of 14th International Joint Conference on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISIGRAPP), Vol. 5: VISAPP, pp. 273 - 280, February 2019.
  1. Takuya Kamitani, Syoji Fujimoto, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Anomaly detection using local regions in road images acquired from a hand-held camera, Proceedings of IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 347 - 350, Oct. 2018. (DOI:10.1109/GCCE.2018.8574660)
  2. Kazunari Morita, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Protecting Personal Information using Homomorphic Encryption for Person Re-identification, Proceedings of IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 135 - 136, Oct. 2018. (DOI:10.1109/GCCE.2018.8574615)
  3. Kousuke Sakamoto, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, GLABM: Gamma Corrected Layered Adaptive Background Model for Outdoor Scenes, Proceedings of IEEE 7th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 38 - 39, Oct. 2018. (DOI:10.1109/GCCE.2018.8574717)
  4. Takahiro Kondo, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Masayoshi Oguri, Yoshihiro Maegaki, Correlation Histogram to Improve Classification of Acute Encephalopathy in Infants Using EEG, Proceedings of International Symposium on Multimedia and Communication Technology (ISMAC), pp 45 - 48, Aug. 2018.
  5. Michiko Inoue, Aya Shiraiwa, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, Evaluating Effects of Hand Pointing by an Image-based Avatar of a Navigation System, Proceedings of 20th International Conference on Human-Computer Interaction (HCII), Part II, pp. 370 - 380, July 2018. (DOI:10.1007/978-3-319-91244-8_30)
  1. Takuya Kamitani, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai,"Identifying People using Temporal and Spatial Changes in Local Movements Measured from Body Sway," Proceedings of 4th Asian Conference on Pattern Recognition (ACPR), pp. 828 - 833, November 2017.
  2. Riku Matsumoto, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, "Feature Extraction using Gaze of Participants for Classifying Gender of Pedestrians in Images," Proceedings of IEEE International Conference on Image Processing (ICIP), pp. 3545-3549. September 2017.
  3. Tatsuya Era, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, "Inferring State Transition from Bystander to Participant in Free-style Conversational Interaction," Proceedings of 14th IEEE International Conference on Advanced Video and Signal based Surveillance (AVSS), August 2017.
  4. Yuji Makimura, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, "Decreasing Physical Burden using the Following Effect and a Superimposed Navigation System,"
    Proc. in International Conference on Human-Computer Interaction (HCII), pp. 533-543, Vancouver, Canada, July 2017. (DOI:10.1007/978-3-319-57987-0_43).
  5. Keiji Obara, Hiroki Yoshimura, Masashi Nishiyama, Yoshio Iwai, "Low-resolution Person Recognition using Image Downsampling," Proc. International Conference on Machine Vision Applications (MVA),pp. 42-45, Nagya, Japan, May 2017.
  6. Yoshio Iwai, Masashi Nishiyama, Hiroki Yoshimura, "Asymmetric Locality Preserving Projection and Its Application to k-Nearest Neighbor Method," Proc. International Conference on Machine Vision Applications (MVA), pp. 448-451, Nagoya, Japan, May 2017.
  1. Masashi Nishiyama, Shota Nakano, Tappei Yotsumoto, Hiroki Yoshimura, Yoshio Iwai and Kazunori Sugahara, "Person Re-identification using Co-occurrence Attributes of Physical and Adhered Human Characteristics", 23rd International Conference on Pattern Recognition (ICPR), pp. 2086-2091, Cancún, Mexico, Dec. 2016.
  2. Masashi Nishiyama, Tsubasa Miyauchi, Hiroki Yoshimura, and Yoshio Iwai, "Synthesizing Realistic Image-based Avatars by Body Sway Analysis", 4th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI), pp. 155-162. Singapore, Singapore, Oct. 2016.
  1. Alparslan Yildiz, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kousuke Sato, "Evaluation and Fair Comparison of Human Tracking Methods with PTZ Cameras," Proc. Int'l Conf. on Human-Computer Interaction, Los-Angeles, USA, Aug., 2015.
  1. M. Hori, T. Kashiwagi, H. Yoshimura, Y. Iwai, "Exercise-promoting System Using Psychological Effect," Proc. Int'l Conf. on Information Systems and Computing Technology (ISCT), Tottori, Japan, Oct. 2014.
  2. R. Hamada, M. Hori, H. Yoshimura, Y. Iwai, "Photo Evaluation Using Composition Features for a Framing Support System," Proc. Int'l Conf. on Information Systems and Computing Technology (ISCT), Tottori, Japan, Oct. 2014.
  3. Y. Nakamura, Y. Tsuruda, M. Hori, H. Yoshimura, Y. Iwai, "Guidance System Using a Mobile-phone-type Teleoperated Robot with Vibration Motors," Proc. Int'l Conf. on Information Systems and Computing Technology (ISCT), Tottori, Japan, Oct. 2014.
  4. M. Hori, S. Kawai, H. Yoshimura, Y. Iwai, "Local Feature Evaluation for a Constrained Local Model Framework," Proc. Int'l Workshop on Face and Facial Expression Recognition from Real World Videos (FFER), Stockholm, Sweden, Aug. 2014.
  5. K. Kinugasa, H. Yoshimura, M. Hori, S. Kishida, Y. Iwai, "Estimation of Emotion by Electroencephalography for Music Therapy," Proc. Int'l Conf. on Human-Computer Interaction, Crete, Greece, June 2014.
  6. Y. Tsuruda, M. Hori, H. Yoshimura, Y. Iwai, "Emotion Transmission System Using a Cellular Phone-Type Teleoperated Robot with a Mobile Projector," Proc. Int'l Conf. on Human-Computer Interaction, Crete, Greece, June 2014.
  7. H. Murata, M. Hori, H. Yoshimura, Y. Iwai, "AR Navigation System Using Interaction with a CG Avatar," Proc. Int'l Conf. on Human-Computer Interaction, Crete, Greece, June 2014.
  1. Alparslan Yildiz, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kosuke Sato, "Regression Based Trajectory Learning &Prediction for Human Motion," Geometric Computation for Computer Vision (GCCV 2013), CD-ROM, Guanajuato, Mexico, Oct. 2013.
  2. Alparslan Yildiz, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kosuke Sato, "Tracking People with Active Cameras," International Conference on Human-Computer Interaction, Las Vegas, USA, Jul. 2013.
  3. Yu Tsuruda, Maiya Hori, Hiroki Yoshimura, Yoshio Iwai, "Generation of Facial Expression Emphasized with Cartoon Techniques Using a Cellular-phone-type Teleoperated Robot with a Mobile Projector," International Conference on Human-Computer Interaction, Las Vegas, USA, Jul. 2013.
  4. Yuhei Fujie, Maiya Hori, Hiroki Yoshimura, Yoshio Iwai, "Emotion Transmission by Color Effects for a Teleoperated Mobile Communication Robot," HRI2013 Workshop on Design of Humanlikeness in HRI from uncanny valley to minimal design, Tokyo, Japan, Mar. 2013.
  1. Maiya Hori, Hideki Takakura, Hiroki Yoshimura, Yoshio Iwai, "Generation of Facial Expression for Communication Using Elfoid with Projector," International Workshop on Multimodal Pattern Recognition of Social Signals in Human Computer Interaction (MPRSS2012), Tsukuba, Japan, Nov. 2012.
  2. Yuhei Fujie, Maiya Hori, Hiroki Yoshimura, Yoshio Iwai, "Emotion Transmission Using a Cellular-phone-type Teleoperated Communication Robot with a Light-Emitting Diode," the 2012 International Workshop on Human-Agent Interaction (iHAI 2012), Algarve, Portugal, Oct. 2012.
  3. A. Ikeda, H. Yoshimura, M. Hori, T. Shimizu, Y. Iwai, "TPUnit Neural Network and Simple Ensemble for Abnormal Shadows Detection for Lung X-ray Images," IEEE International Symposium on Intelligent Signal Processing and Communication Systems (ISPACS2012), New Taipei City, Taiwan, Oct. 2012.
  4. Kensuke Kitamura, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kousuke Sato, "Detection of Unconsicious Reaction to Illuminance Changes," AMDO2012, Vol. 7378/2012 pp. 134-143, Palma de Mallorca, Spain, July 2012. (DOI:10.1007/978-3-642-31567-1_13).
  5. H. Yoshimura, T. Shimizu, M. Hori, T. Matsumura, Y. Iwai, "Proposal of a Trigonometric Polynomial Unit for Neural Networks," 2012 International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, pp. 361-364, Hawaii, USA, Mar. 2012.
  1. Ryohei Kimura, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kosuke Sato, “Extracting Interval Distribution of Human Interactions,” PSIVT2011, pp. 262-273, Gwangju, South Korea, Nov. 2011.
  2. Kenta Hara, Noriko Takemura, Yoshio Iwai, Kosuke Sato, "A Tabletop Interface Using Nail Images and Real Object Recognition,” AmI2011, pp. 21-30, Amsterdam, Netherland, Nov. 2011.
  3. Hiroki Matsumoto, Yoshio Iwai, Yutaka Nakamura, Hiroshi Ishiguro, “An Air Conditioning Control Method Based on Biological Fluctuation,” HCII2011, pp. 608-615, Florida, USA, July 2011.
  4. Ayaka Yamamoto, Yoshio Iwai, Hiroshi Ishiguro, “Memory Based Human Region Detection,” IAPR Conf. on Machine Vision Applications (MVA2011), Nara, Japan, June 2011.
  5. Hiroki Matsumoto, Yoshio Iwai, Hiroshi Ishiguro, “Estimation of Thermal Comfort by Measureing Clo Value without Contact,” IAPR Conf. on Machine Vision Applications (MVA2011), Nara, Japan, June 2011.
  1. Yuya Ono, Yoshio Iwai, Hiroshi Ishiguro, “Relative Posture Estimation Using High Frequency Markers,” Proc. Intl. Conf. on Robotics and Intelligent Systems (IROS2010), CD-ROM, Taipei, Oct. 2010.
  2. Yuzuko Utsumi, Yoshio Iwai, Hiroshi Ishiguro, “Face Tracking and Recognition Considering the Camera’s Field of View,” Intl. Workshop on Human Behavior Understanding, CD-ROM, Aug. 2010.

このページの先頭に戻る

研究会/シンポジウム

  1. 加藤 直人, 西山 正志, 岩井 儀雄, 内視鏡下外科手術シミュレータに向けた教師ラベル付与作業の削減, 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA), IS2-10, pp. 352 - 358, March 2020. 
  2. 湊 翔希, 小山田 雄仁, 西山 正志, 岩井 儀雄, ステレオカメラ校正における移動カメラの効果検証, 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA), IS2-5, pp. 323 - 328, March 2020. 
  3. 森田 一成, 西山 正志, 岩井 儀雄, 暗号化された人物対応付けのための特徴量次元削減, 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA), IS1-31, pp. 210 - 217, March 2020. 
  4. 神原 隆宏, 西山 正志, 岩井 儀雄, 対話型プレゼンテーションにおける深層学習を用いた人物状態の時系列予測, 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA), IS1-28, pp. 193 - 200, March 2020.
  1. 米田 駿介, 上野 高貴, 入江 豪, 西山 正志, 岩井 儀雄, 物体姿勢推定の精度向上のための前景マスクの効果検証, ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW), OS4-H2(IS2-D6), pp. 1 - 6, Dec. 2019.
  2. 山口 優太, 神谷 卓也, 西山 正志, 岩井 儀雄, 身体動揺を用いた重量物所持の認識可能性の検証, ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW), IS2-A1, pp. 1 - 5, Dec. 2019.
  3. 木下 顕, 井上 路子, 西山 正志, 岩井 儀雄, 人物印象属性を判断する際の観察者の視線位置分布の調査, ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW), IS2-B2, pp. 1 - 6, Dec. 2019.
  4. 松下 任, 溝口 達也, 西山 正志, 櫛田 大輔, 吉村 宏紀, 岩井 儀雄, 生徒の活動状況に基づくヘルバルト的学習支援に向けた学習データセットの構築, IEEE広島支部学生シンポジウム (HISS), A3-1, pp. 177 - 180, Nov. 2019.
  5. 片山 聡生, 邨上 正幸, 西山 正志, 岩井 儀雄, 超音波画像を用いた深層学習によるBMS推定の精度調査, 第12回 日本動物超音波技術研究会大会, 4, pp. 1 - 2, Nov. 2019.
  6. 島田 歩, 西山 正志, 岩井 儀雄, 大栗 聖由, 秋山 翔太, 前垣 義弘, てんかん脳波判別における Phase lag index 頻度分布を用いた特徴量の設計, 第34回 信号処理シンポジウム, A6-1, 170 - 175, Nov. 2019.
  7. 片山 聡生, 邨上 正幸, 西山 正志, 岩井 儀雄, 超音波画像を用いた深層学習によるBMS推定の検討, 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R19-22-02-04, pp. 1 - 2, Oct. 2019.
  8. 宮城 裕也, 山口 優太, 神谷 卓也, 西山 正志, 岩井 儀雄, カメラ画像列を用いた性別識別における身体動揺の有効性の検討, 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R19-22-02-03, pp. 1 - 2, Oct. 2019.
  9. 神谷 卓也, 山口 優太,西山 正志,岩井 儀雄, カメラの高さと向きの変動に頑健な身体動揺を用いた人物対応付けの検討, 第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU)No. PS2-73, Aug. 2019.
  10. 阪本 光翼,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄, 屋外背景差分法GLABMの有効性検証, 第22回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), No. PS1-6, Aug. 2019.
  11. 遠藤 拓弥, 西山 正志, 岩井 儀雄, 低解像度画像を用いた人物対応付けにおける撮影条件の違いによる精度検証, 画像センシングシンポジウム (SSII), IS2-31, pp. 1 - 6, June 2019.
  12. 加藤 直人, 西山 正志, 岩井 儀雄, 単純タスクを用いた異常検知における目視と深層学習の比較検証, 画像センシングシンポジウム (SSII), IS2-22, pp. 1 - 8, June 2019.
  13. 川口 三郎, 西山 正志, 岩井 儀雄, 全天球画像から抽出された稜線信号を用いた自己位置推定, 画像センシングシンポジウム (SSII), IS2-06, pp. 1 - 6, June 2019.
  14. 福田 尚悟, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 個人情報が保護された人物対応付けにおけるデータ量削減のための画像選択の検討, 画像センシングシンポジウム (SSII), IS1-15, pp. 1 - 7, June 2019.
  15. 上野 高貴, 入江 豪, 西山 正志, 岩井 儀雄, 物体姿勢推定におけるパラメータラベル不要な学習手法の検討, 動的画像処理実利用化ワークショップ (DIA), IS2-26, pp. 381 - 386, March 2019.
  1. 加藤 直人, 井上 路子, 白岩 史, 西山 正志, 岩井 儀雄, 単純シンボルを用いた異常検知における目視と深層学習の比較方法の検討 , HCGシンポジウム, A-6-3, Dec. 2018.
  2. 井上 路子, 白岩 史, 西山 正志, 岩井 儀雄, 性別認識における身体部位の遮蔽有無による視線移動の検討, ビジョン技術の実利用ワークショップ (ViEW), IS2-A4, pp. 383 - 388, Dec. 2018.
  3. 遠藤拓弥, 西山 正志, 岩井 儀雄, 実環境で撮影された低解像度画像を用いた人物対応付けの精度検証, バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム (SBRA), pp. 74 - 75, Nov. 2018.
  4. 川口 三郎, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 数値標高モデルから生成した稜線を用いた自己位置推定の性能評価, IEEE広島支部学生シンポジウム (HISS), pp. 292 - 295, Nov. 2018.
  5. 林 隆史, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 路面異状検出における入力画像の撮影治具の検討, IEEE広島支部学生シンポジウム (HISS), pp. 281 - 284, Nov. 2018.
  6. 福田 尚悟, 森田 一成, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 人物対応付けにおける姿勢と照明に頑健な画像選択手法の検討, IEEE広島支部学生シンポジウム (HISS), pp. 273 - 276, Nov. 2018.
  7. 井上 路子, 白岩 史, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 実写アバタの手振り動作におけるユーザ視線位置の検証, IEEE広島支部学生シンポジウム (HISS), pp. 269 - 272, Nov. 2018.
  8. 山口 紗也加, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 性別認識のための視線マップを用いたランダムフォレスト改良の検討, 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R18-21-08, pp. 1 - 2, Oct. 2018.
  9. 山口 優太, 神谷 卓也, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 身体動揺を用いた人物対応付けにおける待ち姿勢の影響調査, 情報科学技術フォーラム(FIT), 第3分冊, pp.93-94, Sep. 2018.
  10. 阪本 光翼, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 屋外背景差分法のためのガンマ補正手法, 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), PS3-62, Aug. 2018.
  11. 神谷 卓也, 安形 俊輝, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 身体動揺を用いた人物対応付けにおける立ち位置変動の影響調査, 信学技報, vol. 118, no. 156, BioX2018-8, pp. 5-10, July 2018.
  12. 山口 紗也加, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 視線位置分布を用いたランダムフォレスト改良による人物性別の認識, 画像センシングシンポジウム (SSII), IS3-28, pp. 1 - 5, June 2018.
  13. 井上 路子, 近藤 貴大, 白岩 史, 大栗 聖由, 西山 正志, 岩井 儀雄, 脳症判定における熟練者と初学者の注目領域の比較検討, 情報処理学会シンポジウム インタラクション, 1P15, pp. 512 - 516, Mar. 2018.
  14. 白岩 史, 井上 路子, 近藤 貴大, 大栗 聖由, 西山 正志, 岩井 儀雄, 脳症判定における熟練度毎の視線分布の比較評価, 電気学会 知覚情報研究会, PI-18-008, pp. 5 - 9, Feb. 2018.
  15. 松本 陸, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄,"課題毎の視線マップを用いた特徴抽出による人物属性認識," 電子情報通信学会PRMU研究会技術報告, Vol. 117, No. 442, PRMU2017-148, pp. 19-24, Feb. 2018
  16. 森田一成,原山雅樹,吉村宏紀,西山正志,岩井儀雄,"秘匿化された人物対応付けのための準同型暗号の利用," 電子情報通信学会PRMU研究会技術報告, Vol. 117, No. 442, PRMU2017-154, pp. 53-58, Feb. 2018
  1. 宮内 翼,井上 路子,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄,“インタラクション開始直前の実写アバタによるユーザ指定方法の検討”、HAIシンポジウム, Dec. 2017.
  2. 上野 高貴,西山 正志,岩井 儀雄,“物体側面を用いた訓練サンプルによる検出手法の検討”,ViEW20`7, Dec. 2017.
  3. 藤本 翔士,岩井 儀雄,西山 正志,吉村 宏紀,“路面の不具合箇所検出のための局所領域データ生成手法の研究”,第19回IEEE広島支部学生シンポジウム, Dec. 2017.
  4. 川口 三郎,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄,“3Dモデルから生成した稜線を用いた自己位置推定の性能評価”,第19回IEEE広島支部学生シンポジウム, Dec. 2017.
  5. 神谷卓也、吉村宏紀、西山正志、岩井儀雄、“身体動揺を用いた人物対応付けにおける姿勢変化の調査~足開閉が認識性能に与える影響~”、第7回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, S2-23, Nov. 2017.
  6. 石谷有紗、吉村宏紀、西山正志、岩井儀雄、“モーションブラーに頑健な人物対応付けのための特徴抽出の検討 ”、平成 29 年度 (第 68 回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会, R17-21-13, Oct. 2017.
  7. 早川 博士,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄,“non-modalな声質特徴を用いた会話の盛り上がりの推定”、平成 29 年度 (第 68 回) 電気・情報関連学会中国支部連合大会, Oct. 2017.
  8. 神原 隆宏, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄、“対話型プレゼンテーションにおける人物状態アノテーションの検討”、ヒューマンインタフェースシンポジウム2017, 6B1-2. Sep. 2017.
  9. 西山正志、岩井儀雄、“姿勢と照明と距離の変化に頑健な人物画像認識”、2017年電子情報通信学会基礎・境界ソサイエティ/NOLTAソサイエティ大会, AS-2-4,Sep. 2017.
  10. 神谷 卓也, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 身体動揺から計測した局所振動量を用いた人物対応付け,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU), PS3-57, August 2017.
  11. 川口 三郎, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 砂丘稜線の照合による自己位置推定の精度向上, 第23回 画像センシングシンポジウム (SSII), IS1-34, pp. 1 - 6, June 2017.
  12. 近藤 貴大, 西山 正志, 岩井 儀雄, 大栗 聖由, 前垣 義弘, 小児急性脳症の判別におけるエポック確信度の統合, 信学技報, vol. 117, no. 49, PRMU2017-17, pp. 87 - 92, May 2017.
  1. 大野 礼人,宮内 翼,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄,"インタラクション前の実写アバタの待ち状態の検討," HAIシンポジウム,Dec. 20.16.
  2. 豊田 将志,吉村 宏紀,西山 正志, 岩井 儀雄, ‟揺れと影に頑健な屋外背景差分法の提案,” 電子情報通信学会PRMU研究会, pp.71-76, Dec. 2016.
  3. 尾原 啓司, 吉村 宏紀 ,西山 正志, 岩井 儀雄,"解像度推定を用いたダウンサンプリングによる低画質人物認識," 電気情報通信学会PRMU研究会,pp. 65-70, Dec. 2016.
  4. 神谷 卓也, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, “カメラ映像を用いた身体 動揺の計測による人物対応付けの検討’, 第 6 回バイオメトリクスと認識・認証シンポジウム, pp94-95, Nov. 2016.
  5. 近藤貴大, 西山正志, 岩井儀雄, 大栗聖由, 前垣義弘,‟小児急性脳症の判別における複数エポックの統合手法による性能評価,” 第18回IEEE広島学生シンポジウム(HISS), pp. 162-165, Nov. 2016.
  6. 川口 三郎,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄,“砂丘における自己位置推定のための 稜線情報の検討,” 第18回IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),pp. 406-409, Nov. 2016.
  7. 井上 路子,吉村 宏紀,西山 正志,岩井 儀雄,"実写アバタとのインタラクションに向けた視線解析に基づく情報提示方法の検討,” 第18回 IEEE広島支部学生シンポジウム, pp.154-157, Nov. 2016.
  8. 松本 陸, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄,"視線変化に基づく特徴抽出を用いた人物画像の性別推定," 電子情報通信学会PRMU研究会, pp. 221-226, Sep. 2016
  9. 尾原 啓司, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄,"解像度推定による低画質顔認識の性能改善,” 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2016), Aug. 2016.
  10. 臼井 愛美, 西山 正志, 岩井 儀雄, 大栗 聖由, 前垣 義弘, "小児急性脳症の判別のための相関ヒストグラムを用いた特徴抽出", 第22回 画像センシングシンポジウム (SSII), IS3-11, pp. 1 - 6, June 2016.
  11. 松本 陸, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, "物体認識のための注視点を用いた特徴抽出の提案", 第22回 画像センシングシンポジウム (SSII), IS1-09, pp. 1 - 7, June 2016.
  12. 江良 樹哉, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, "動的な多人数ターンテイキング環境下での参加状態推定の提案", 信学技報, vol. 115, no. 456, PRMU2015-139, pp. 43 - 48, February 2016.
  13. 中野 翔太, 四元 辰平, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井 儀雄, 菅原 一孔, カメラ間人物対応付けに向けた共起属性の抽出, 信学技報, vol. 115, no. 414, PRMU2015-120, pp. 59 - 64, January 2016.
  1. 宮内翼, 吉村宏紀, 西山正志, 岩井儀雄, “自然な実写アバタに向けた身体動揺の計測と再現”,HAIシンポジウム, pp.317-324,東京,Dec. 2015.
  2. 牧村悠司,吉村宏紀,西山正志,岩井儀雄, “追随効果を用いた案内システムにおける肉体的・心理的負担の評価”,IEEE 広島支部学生シンポジウム,pp.219-222, 岡山,Nov. 2015.
  3. 前田良輔,吉村宏紀,西山正志,岩井儀雄, “実写アバタの動作に対する違和感の評価方法の提案”,IEEE 広島支部学生シンポジウム,pp.200-203, 岡山,Nov. 2015.
  4. 尾原啓司,吉村宏紀,西山正志,岩井儀雄, “低解像度顔認識のための解像度推定法の提案”,IEEE広島支部学生シンポジウム,pp.468-471, 岡山,Nov. 2015.
  5. 宮内 翼, 吉村 宏紀, 西山 正志, 岩井儀雄, “実写アバタ生成に向けた部位毎の重心動揺の計測”,IEEE広島支部学生シンポジウム, pp.464-467, 岡山,Nov. 2015.
  6. 松本陸,吉村宏紀,西山正志,岩井儀雄, “画像認識の識別器と人間の視線方向変化との関連性の検証”,IEEE 広島支部学生シンポジウム,pp. 209-212, 岡山,Nov. 2015.
  7. 豊田将志, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 西山正志,岩井 儀雄, “複数の明るさ可変背景モデルを用いた移動物体の抽出”,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 大阪, July 2015.
  8. 大野礼人, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 西山正志,岩井 儀雄, “密接距離で使用するロボットのためのアイコンタクトステイ方法の提案”,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 大阪, July 2015.
  9. 江良 樹哉, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 西山正志,岩井 儀雄, “自動対話プレゼンテーションに向けた多人数ターンテイキング推定の提案”,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2015), 大阪, July 2015.
  1. 守安智久, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 岩井 儀雄,“ARナビゲーションシステムにおける心理的効果の利用”, HAIシンポジウム, 岐阜,Dec. 2014.
  2. 江良 樹哉, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 岩井 儀雄, “コミュニケーションにおける発話志向態度の推定”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 広島, Nov. 2014.
  3. 大野 礼人, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 岩井 儀雄, “遠隔操作型アンドロイドのための視線および口の開閉度推定” IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 広島, Nov. 2014.
  4. 升尾 一貴, 吉村 宏紀, 堀 磨伊也, 岩井 儀雄, “音楽療法のためのEEGを用いた感情推定”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 広島, Nov. 2014.
  5. M. Hori, H. Mitsui, H. Yoshimura and Y. Iwai, “Pointing Target Recognition for AR Interactions,” 画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2014), 岡山, July 2014.
  6. 濱田 隆平,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄,“フレーミングサポートシステムのための審美性特徴を用いた写真の評価”, 映像表現・芸術科学フォーラム2014, 東京, Mar. 2014.
  7. 河合 将吾,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “顔追跡精度向上のための画像局所特徴量評価”, 電子情報通信学会 技術研究報告, PRMU2014, 東京, Mar. 2014.
  8. 中村 勇貴,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “携帯型遠隔操作アンドロイドを用いた振動子による誘導システム”, 情報処理学会全国大会講演論文集,東京, Mar. 2014.
  1. 村田 宙将, 堀 磨伊也, 吉村 宏紀, 岩井 儀雄,“AR技術を用いたCGアバタによる道案内システム”, HAIシンポジウム, 岐阜,Dec. 2013.
  2. 河合 将吾,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “顔追跡のための局所特徴評価”, IEEE広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  3. 衣笠 兼生, 吉村 宏紀, 堀 磨伊也, 清水 忠昭, 岩井 儀雄, “音楽療法のためのEEGによる感情推定”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  4. 藤江 祐平,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “エルフォイドのための色効果を用いた感情の伝達”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  5. 村田 宙将,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “インタラクティブなCGアバタを用いた案内システム”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  6. 鶴田 悠,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “エルフォイドのためのアニメーションの誇張表現による感情の伝達”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  7. 濱田 隆平,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “フレーミングサポートシステムのための審美的品質識別に関する写真の評価”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  8. 柏木 多恵,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “心理的効果を用いた運動促進システムの提案”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  9. 小林 龍之介,吉村 宏紀, 堀 磨伊也,岩井 儀雄, “携帯型立体音響システムを用いた前方定位の実現”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  10. 須貝 美咲,吉村 宏紀, 堀 磨伊也,岩井 儀雄, “音声会話への効果音の挿入による円滑なコミュニケーション手法の提案”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  11. 三井 宏弥,堀 磨伊也,吉村 宏紀,岩井 儀雄, “ARインタラクションのための指差しによる指定物認識システムの提案”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 鳥取, Nov. 2013.
  12. 濱田隆平,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“フレーミングサポートシステムのための構図特徴を用いた写真の評価”, 情報科学技術フォーラム(FIT) 一般講演論文集,鳥取, Sep. 2013.
  13. 鶴田悠,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“エルフォイドのためのアニメーション効果の付加による感情伝達”, 情報科学技術フォーラム(FIT) 一般講演論文集,鳥取, Sep. 2013.
  14. 河合将吾,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“顔追跡のための顔画像における局所特徴評価”,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)講演論文集, 東京,July 2013.
  15. 鶴田悠,藤江祐平,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“携帯型遠隔操作アンドロイドを用いた感情伝達”,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)講演論文集, 東京,July 2013.
  16. 村田宙将,濱田隆平,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“CGアバタとのインタラクションによるAR案内システム”,画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2013)講演論文集, 東京,July 2013.
  17. 鶴田悠,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“携帯型遠隔操作アンドロイドのためのアニメーション効果の付加による感情伝達”,信学技法HCS,No. HCS2013-05, 沖縄,May 2013.
  18. 河合将吾,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“顔追跡のための顔画像における特徴量評価”,電子情報通信学会 総合大会 学生ポスターセッション, 岐阜, Mar. 2013.
  1. 衣笠兼生,吉村宏紀,堀磨伊也,岩井儀雄,“テンポの異なる音楽聴取による脳波への影響”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 岡山, Nov. 2012.
  2. 村田宙将,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“CGアバタとインタラクションによるAR案内システムの提案”, IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS), 岡山, Nov. 2012.
  3. 池田明日美,吉村宏紀,堀磨伊也,清水忠昭,岩井儀雄,岸田悟,“TPUnitニューラルネットワークを用いた胸部X線画像の異常陰影検出システムの提案”,電気・情報関連学会,中国支部連合大会講演論文集, 島根, Oct. 2012.
  4. Alparslan Yildiz, 武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“占有マップを用いた複数アクティブカメラによる人物追跡”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), No. IS1-58, 福岡, Aug. 2012.
  5. 北村謙典,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“距離特徴量およびクラスタリングを用いた照度変化に対する無意識的表情変化の自動検出”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), No. IS1-73, 福岡, Aug. 2012.
  6. 堀磨伊也,高倉秀基,吉村宏紀,岩井儀雄,“携帯型遠隔操作アンドロイドにおけるモバイルプロジェクタを用いた表情の生成”, 第15回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2012), No. IS1-79, 福岡, Aug. 2012.
  7. 藤江祐平,堀磨伊也,吉村宏紀,岩井儀雄,“携帯型遠隔操作コミュニケーションロボットを用いたLED発光による感情伝達” , 信学技法HCS, No. HCS2012-12, 沖縄, May, 2012.
  8. 北村謙典,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“照度変動に対する無意識下での表出行動検出”, 情処研報CVIM, Vol. 2012-CVIM-180, No. 48, 大阪, Jan. 2012.
  9. 原健太,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“対人インタラクションアバタの作成に必要な再生技術の検討”, 信学技報PRMU, No. PRMU2011-168, 大阪, Jan. 2012.
  1. 松本裕樹,武村紀子,中村泰,岩井儀雄,石黒浩,“生体ゆらぎ理論に基づく室内照明の適応的制御”, 計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会, 東京, Nov. 2011.
  2. 池田明日美,吉村宏紀,清水忠昭,松村 寿枝,岩井儀雄,“TPUnitニューラルネットワークを用いた胸部X線画像の異常陰影検出システムの提案”, 電気・情報関連学会,中国支部連合大会講演論文集, 広島, Oct. 2012.
  3. 木村綾平,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“マルチモーダル情報を用いた人物対話行動における応答時間分布抽出”, ロボット学会学術講演会, Sep. 2011.
  4. 木村綾平,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“人物対話行動における応答時間分布抽出”, 第 14 回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU), 金沢, July 2011.
  5. 北村謙典,武村紀子,岩井儀雄,佐藤宏介,“快適な光環境構築のための表出行動抽出”, 第 14 回画像の認識・理解シンポジウム (MIRU), 金沢, July 2011.
  6. 原健太,岩井儀雄,佐藤宏介,“爪画像と実物体認識を用いたテーブルトップインタフェース”, 第55回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI’11), No. T36-4, pp. 255-256, 大阪, May 2011.

このページの先頭に戻る

受賞

  1. 山口紗也加ほか:SSII2018,優秀学術賞,June 2019.
  2. 福田尚悟:IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),優秀研究賞,Nov. 2018.
  3. Kzaunari Morita: IEEE Global Conference on Consumer Electronics, Student Paper Award, Oct. 2018.
  4. 松本 陸:PRMU研究会,月間ベストプレゼンテーション賞,Feb. 2018.
  5. 神谷卓也:画像の認識・理解シンポジウム,学生奨励賞, Aug. 2017.
  6. 尾原啓司:PRMU研究会,月間ベストプレゼンテーション賞,Dec. 2016.
  7. 松本 陸:PRMU研究会,月間ベストプレゼンテーション賞,Sep. 2016.
  8. 濱田隆平:映像表現・芸術科学フォーラム, 口頭発表優秀賞,Mar. 2014.
  9. 濱田隆平:IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),貢献賞,Jan. 2014.
  10. 鶴田悠:IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),特別貢献賞,Jan. 2014.
  11. 鶴田悠:IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),優秀研究賞,Nov. 2013.
  12. 三井宏弥:IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),優秀研究賞,Nov. 2013.
  13. 鶴田悠:TEDRECセンター主催国際学会発表論文コンテスト, Best Presentation Award ,Sep. 2013.
  14. 池田明日美:電気・情報関連学会中国支部連合大会,情報処理学会中国支部奨励賞,Feb. 2013.
  15. 村田宙将:IEEE 広島支部学生シンポジウム(HISS),最優秀研究賞,Nov. 2012.

このページの先頭に戻る

解説

  1. 西山 正志, 岩井 儀雄, 準同型暗号を用いた個人情報の保護による人物対応付け,  画像ラボ, pp. 52 - 55, July 2018.
  2. 山本文香,堀磨伊也,岩井儀雄,石黒浩,“事例データを用いた移動物体領域の抽出”,画像ラボ, Jun. 2013.
  3. 塩見昌裕,岩井儀雄,角康之,中臺一博,萩田紀博, “対話行動認識プラットフォーム”,日本ロボット学会誌,Vol. 30, No. 10, pp.17-20, Oct. 2011.

このページの先頭に戻る

著書

  1. 西山 正志, 岩井 儀雄, CGアバタの先導による道案内とその肉体的負担評価, VR/AR技術の開発動向と最新応用事例, 第13章第1節, pp.513-517, 技術情報協会, February 2018.
  2. 岩井儀雄,「人の認識」,『人画像処理』,pp. 77-122, オーム社, 2008.
  3. 岩井儀雄,「身体動作によるインターフェイス」,『人画像処理』,pp. 191-198, オーム社, 2008.
  4. Masahiko Yachida, Yoshio IWAI, “Looking at Human Gestures”, Computer Vision for Human-Machine Interaction, R. Cipolla and A. Pentland Eds., pp. 291-311, Cambridge University Press, 1998.
  5. Junya Morita, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida, “Adaptive Background Estimation and Sahdow Removal in Indoor Scenes,” Systems and Human Science - For Safety, Security, and Dependability Selected Papers of the 1st International Symposium SSR2003, Ch. 36, pp. 491-500, Elsevier, 2005.
  6. Akari Matsumura, Yoshio Iwai, Masahiko Yachida, "Tracking Peopole and Action Recognition from Omnidirectional Images," Systems and Human Science - For Safety, Security, and Dependability Selected Papers of the 1st International Symposium SSR2003, Ch. 37, pp. 501-514, Elsevier, 2005.

このページの先頭に戻る

講演

  1. 岩井儀雄,人とのインタラクションを目指したセンシング研究, BioX研究会, July 26, 2018.
  2. Yoshio Iwai, "Facial image processing for tele-presence robots," Workshop on portable androids and their applications, 2nd Mar., Aalborg, 2015.
  3. Yoshio Iwai, "Human Sensing with Computer Vision – Toward Human Agent Interaction," ISCT2014, 5th Oct. , Tottori, 2014.

このページの先頭に戻る